画像:Tourism Fijiホームページより引用

フィジーは2021年12月1日より海外からの旅行者を迎える事が出来るようになりました。
WHOが定めた健康と安全な生活の為のガイダンスを基にCare Fiji Commitment-ケア フィジー コミットメント (CFC)は設けられました。これにより世界旅行ツーリズム協議会において安全な旅行目的地として認められました。

Care Fiji Commitment -ケア フィジー コミットメント(CFC)とは?

フィジーの国旗とヤシの木

Care Fiji Commitmentは、観光復興チームによって開発されました。 Care Fiji Commitmentとは、基本的に観光事業に携わる者達が旅行者の健康と安全を守る為の取り組みであり、それらを旅行者の方にもご理解いただき、共に実践していくプログラムです。

安全の為の私達の責任と実践

CFCロゴ
  • 資格のある観光スタッフは100%予防接種 を完了しています。
  • ワクチン接種を受けたゲストのみがフィジーの観光事業サービスを利用できます。 

健康と衛生の実践

  • 全てのゲストエリアで衛生面の強化
  • 必要に応じて、物理的な距離を置く慣行
  • 公共スペースでのマスク着用は必須とする
  • 各企業はウェルネスアンバサダー(健康習慣提案者)を任命し、お客様へ適切なアドバイスや対応をする。
  • 全ての観光最前線のスタッフはCOVID-19安全手順法を訓練済みです。
  • 様々なケースの質問や不安に対応する為、専用の全国COVID-19ホットラインを設置しています。

感染病の接触者追跡の方法

careFIJIアプリ
(画像:care FIJIアプリイメージ)

Bluetooth対応のcare FIJIモバイルアプリは、感染を疑わせる接触追跡とその経緯や経過を識別します。
全ての観光事業所ではお客様が利用するチェックイン・アウトQRコードを設置しています。お客様は入退店時にこちらのQRコードを利用する事が義務付けられています。

フィジー入国時にcare FIJI アプリをダウンロードしてください。
>> https://carefiji.digitalfiji.gov.fj/download-app/

お客様がフィジー旅行をされる際に遵守してほしい事

お客様をお迎えするアウトリガーホテルのフィジー人男性スタッフ

お客様各自一人ひとりにもCOVID-19を封じ込める為の役割がございます。簡単な手順を取り組むことで、安全なフィジーの旅を楽しむことができます。

  • COVID-19の検査とワクチン接種の要件を満たしていることを旅行前に確認してください。到着時にはそれらの証明が求められます
  • Care Fiji Committed に承認された然るべき機関(ホテルや送迎等)に予約する
  • ご旅行に適切な旅行保険に加入していることを確認してください
  • Care FIJI連絡先追跡アプリをダウンロードして使用してください
  • 体調が悪い場合やCOVID-19の症状がある場合は、旅行を中止してください
  • 必要に応じて、2メートルの物理的距離をお願いする事があります
  • 手洗い、手指消毒剤定期的に使用してください
  • 公共の場でマスクを着用してください
  • 予防接種率の低い地域は避けてください
  • 滞在中に気分が悪くなった場合は、リゾートのウェルネスアンバサダーに連絡してください

フィジーのブラスピリットに触れリラックスできるすばらしい旅行をお楽しみください

フィジー・日本間の航空便運航状況

フィジーエアウェイズ

FIJI Airwaysの直行便情報は以下の通りです。

※2022年1月12日のフライトを最後に、それ以降のフライトは一旦サスペンド(運航未定)となりました。

フライト運航日
FJ350便
1月:成田(NRT) 19:30 ― ナンディ(NAN)7:00
2月~:成田(NRT)21:25-ナンディ(NAN)8:55

1月12,19,26,
2月1,4,8,11,15,18,22,25
3月1,4,8,11,15,18,22,25,29
4月5,8,12,15,19,22,26,29
FJ351便
1月:ナンディ(NAN)14:30― 成田(NRT)20:45
2/3月:ナンディ(NAN)13:15― 成田(NRT)19:30
4月:ナンディ(NAN)13:25-成田(NRT)19:30
1月11,18,25,
2月1,4,8,11,15,18,22,25
3月1,4,8,11,15,18,22,25,29
4月5,8,12,15,19,22,26,29

フィジーへのご旅行に関して

マナ島

お越しになる前に

12月1日からフィジーに入る観光客の旅行要件は何ですか?

  • トラベルパートナー国から来た、またはトラベルパートナー国に少なくとも10日間滞在したことがある。
  • 12歳以上の場合は、旅行の2日前以内にRT-PCR検査を受け、検査で陰性との結果が必要。
  • フライトに搭乗する前に、CFCの宿泊施設で3泊の予約を行ってください。
  • フィジーに入る旅行者は、旅行前にCOVID-19をカバーする国際保険付きの医療旅行保険に加入している必要があります。

Vaccination 予防接種

  • 18歳以上の場合は、旅行の少なくとも14日前に完全に予防接種を受けてください。
  • 現在、フィジーはアストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンを認めています。
  • 完全にワクチン接種されていることを証明するデジタルワクチン接種証明書の提出が求められます。

Care Fijiの宿泊施設とフィジー国内の旅行について

  • Care Fiji Commitment認定の宿泊施設を予約する
  • 到着24時間後に迅速抗原検査を受ける
  • この24時間の時間枠内(24時間後に迅速抗原検査を受ける前までの時間)では、ご滞在のホテルの施設を自由に使うことが出来ます。またCFC認定のサービス(レストラン、送迎、日帰りツアー、買い物等)を利用頂けます。ご利用される時は各箇所でQRコードにチェックイン・アウトを行ってください。ワクチン接種完了の証明をご提示いただく事もございます。
  • フライトが夜遅くに到着した場合、ナンディに一晩滞在し、翌日にCFC承認の送迎で島に移動となります。その後ホテルで到着24時間後の迅速抗原検査を行います。
  • Care Fijiアプリをダウンロードし、Bluetoothを常にオンにして下さい。
    https://carefiji.digitalfiji.gov.fj/download-app/
  • ワクチン接種率の低い地域は避けてください。このような地域の地図は、随時更新されます。
    LOW VACCINATION COMMUNITIES (COVERAGE) (arcgis.com)

フィジーからのご帰国

フィジーから帰国する際に

  • 母国への帰国便に搭乗するには、陰性の検査結果証明書が必要です。テストの種類は、自国の政府の要件によって異なります。
  • 帰国日をホテルスタッフにお伝えください。検査の手配と日時の確認をお手伝いします。

母国に戻るにはテストが必要?これはフィジーで受ける事ができますか?どれくらいの費用がかかりますか?

お住まいの国の条件によっては、帰国する前にCOVID-19の検査を受ける必要があります。 迅速抗原検査の費用は約 30フィジードル一部の国では約150フィジードルのRT-PCRテストが必要です。フィジーへの到着または帰国に必要な迅速抗原検査およびRT-PCRテスト要件はホテルで実施されたりまたは然るべき機関を紹介してくれます。チェックイン時にホテルスタッフに確認をしてください。(費用の詳細は専門スタッフにご確認下さい)

フィジーから帰国する為にPCRテストと認定文書を取得するにはどうすればよいですか?

帰国するにあたり、いくつかの特定された要件をクリアする必要があります。(こちらは国によって条件が異なりますので、ご自身の国の基準を予め把握しておく必要があります)

お客様のご滞在するホテルは然るべき手順のアドバイスやお手伝いをします。その為にはチェックイン時にホテルスタッフに必ずご相談ください。指定された時間内にテストを受け、結果(認定書類)を受け取り、フィジーからのフライトに間に合うように手配してください。発行された認定書類は PCR検査陰性証明として、空港と自国の国境管理局に提出してください。


※上記以外の条件の方はお問い合わせ下さい。

フィジーへの旅行に関するよくある質問

リゾートホテル

フィジーは観光客に開放されていますか/フィジーのボーダーはいつオープンしますか?

フィジーは、2021年12月1日からナンディ国際空港に到着するお客様をお迎えします。
トラベルパートナー国の皆さまは検疫なしで入国することができます。楽しくフィジーでお過ごし頂き、皆さまが安全を保つ為に、知って頂きたいことがいくつかございます。

フィジーでは、ワクチン接種率が成人人口の85%を超えた事に伴い、“トラベルパートナー国”から、完全にワクチン接種された方々を迎えることができます。現在、フィジーはワクチンを、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンのワクチンを認めています。

フライトに搭乗する為の必要な検査や書類の他に、フィジーへの全ての旅行者は、ケアフィジーコミットメント認定企業(ホテル、及びそこまでに行く交通機関も含む)で最低3泊の宿泊予約をする必要があります。ホテル到着の24時間後に必須のRapidCOVID-19(迅速抗原検査)診断テストを実施し、Care FIJI連絡先追跡アプリを常に起動して、ワクチン接種率が低い地域への旅行を避けてください。またワクチン接種証明の提出(または提示)も随時求められます。

トラベルパートナー国とは?

日本などのワクチン接種率の高い国々でワクチン接種が完了した方々を指します。
以下の国からの完全にワクチン接種された観光客には検疫なしとなります。

オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、カタール、大韓民国、シンガポール、スペイン、スイス、イギリスおよび北アイルランド、アラブ首長国連邦、アメリカ合衆国、ニュージーランド、クック諸島、キリバス、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、ナウル、ニューカレドニア、パラオ、サモア、ソロモン諸島、フランス領ポリネシア、トンガ、ツバル、バヌアツ。

このリストは定期的に見直され、更新されているので随時情報収集を行ってください。上記にリストされていない国は、この段階ではトラベルパートナー以外国と見なされます。

(2021年11月15日現在)トラベルパートナーの国のリストは、保健医療サービス省の疫学評価に基づいて見直され、国の予防接種が達成するたびに定期的に更新されます。

トラベルパートナー国からの訪問者

12月1日からフィジーに旅行する全ての訪問者(観光客、ビジネス旅行者、帰国者)は、最初の3泊をCFC宿泊施設で予約の証明を提示すれば、検疫なしとなります。
滞在中はCare Fiji Commitment (CFC)承認のリゾート、ツアーのみ利用ができます。また検査および予防接種完了証明の提出(もしくは提示)も義務付けられています。

24時間の迅速抗原検査で陰性の場合は、3泊後は自由にチェックアウトし、別の宿泊施設にお移り頂けますが、CFC認定施設をお選びになることを強くお勧めします。CFC認定とはWHOが承認した健康と安全手順の訓練を受け、100%予防接種をしている機関です。フィジーには未だ一部、予防接種率の少ない地域がありますので、そういったエリアはお避け下さい。

フィジーの予防接種率はどのくらい?

フィジーは、世界で最もワクチン接種の行き届いた観光地の1つです。 11月1日の時点で、18歳以上の成人人口の87.8%が完全にワクチン接種されています。 15〜18歳の子供も予防接種を受ける資格があり現在、フィジーで15歳以上の完全ワクチン接種を受けた子供の割合は84.5%です。

フィジーに旅行しても安全ですか?どのような対策を講じていますか?

  • 全国的な予防接種の実施
  • 航空会社、観光業界は事業全体でCOVID-19セーフプロトコル(安全手順法)を採用

Fiji Airways、フィジー空港、フィジーの観光産業のコロナ対策について

フィジーエアウェイズは、英国SKYTRAX社が運営する COVID-19Airline Safety Ratingにて5スター認定を受けました。またAirline Passenger Experience Association(APEX)とSimpliflyingから旅行保障措置のDiamond認証も授与されました。これらはコロナ禍で安全な旅行ができるための世界的な評価基準です。現在、世界で6社の航空会社のみがこの評価を達成しています。
また、ナンディ国際空港は国際空港評議会(ACI)にて南太平洋で初の空港健康認定を受けました。

新しい安全旅行基準法に合わせる為に、フィジーの観光業界はCare Fiji Commitment(CFC)を採用しています。 WHOが承認した健康と安全対策を基に作られ、業界全体–宿泊施設、ツアー運営者、送迎などに適用され、COVID-19安全手順法を学びました。また、トレーニングされたウェルネスアンバサダーの任命も行われています。 Care Fijiの認定承認を受けた全ての企業は、100%ワクチン接種を受けています。主要な観光施設とオペレーターのほぼ全てにおいて認定承認されています。

CFCは、訪問者に健康と安全を提供します。定期的な各場所のふき取り、隔離施設へのアクセス、施設に所属する民間の開業医による検査などを行っています。フィジーは世界旅行ツーリズム協議会にこのようなプログラムを認められ安全な旅行地となりました。

フィジーでトランジットはできますか?

はい。テストを行わなくても、空港内に最大8時間滞在することができ、別のフライトに接続できます。通関手続きを選択した場合は、フィジーに入国することになります。その場合はフィジーの入国および出国要件が適用されます。
ただし、トラベルパートナー国からのトランジット旅行者であっても、有効なチケットがあり、出発前のCOVID-19検査が陰性で、ワクチン接種を完全にされていることが前提となります。

フィジーに3日間しか滞在しない場合はどうなりますか?

3日間の予定でフィジ-を訪問する方は、CFC承認のホテルや送を使用する必要があります。訪問が短いので、必要なテストは1つだけです。出発前のPCRテストのみとなります。

フィジーに旅行するにはCOVID-19検査が必要ですか? COVID-19から回復した場合はどうなりますか?

はい。 12歳以上の全ての旅行者には、旅行の2日前以内までにRT-PCR検査が陰性であることを証明する文書を提出する必要があります。
ただし、フィジーへの旅行から90日以内に陽性と判定された場合は、以下の提出が必要となります。

  • 最初の陽性結果の証明
  • 信頼できる機関が提供する隔離期間の証明
  • 90日を過ぎている場合は、RT-PCRの結果が陰性であることの証明

ワクチン未接種の子供を連れて行く事は可能?

はい。もし同伴者がワクチン接種可能年齢の成人で、その方全員が接種完了されている状態であり、予防接種を受けていない子供(18歳未満)をフィジーに連れてくることは出来ます。 18歳未満の子供は、完全にワクチン接種されている場合、同伴者なしでフィジーに旅行は可能です。お客様当人の国が子供にワクチン接種を許可しているならば、それを強くお勧めします

安全なリゾートを選択するにはどうすればよいですか?

ケアフィジーコミットメント(CFC)認定の施設をお選び下さい。全てのCFC認定ホテルのスタッフはワクチン接種を完了しています。フィジーへの旅行者は到着後、CFC宿泊施設で最低3泊の滞在証明が必要ですので旅行前に予約をしてください。CFC宿泊施設では、到着24時間後の迅速抗原検査が実施、Care FIJI連絡先追跡アプリの使用などで安全に滞在ができます。

フィジーはどのような予防接種を認めているか?

現在、フィジーはアストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンのワクチンを認めています。上記のワクチンの異なるワクチン間の交差接種は受け入れられます(交差接種の詳細は厚生労働省の基準を参照の事)。完全にワクチン接種された事を証明するものとして、お客様の国のデジタルワクチン接種証明書を提出または提示してください。

フィジーエアウェイズの航空会社のクレジットを持っていますが、これを使用してフィジーへの旅行を予約するにはどうすればよいですか?

フライトや予約クレジットに関するご質問は、フィジーエアウェイズに直接お問い合わせください。

フィジーエアウェイズ 公式ホームページはこちら
>> www.fijiairways.com

フィジーでCOVID-19の症例はありますか?

はい。ただし、保健医療サービス省は、COVID-19のリスクを軽減し、症例を最小限に抑える為にできる限りのことを行っています。世界中の殆どの国と同様にCOVID-19は引き続き存在し、症例の増減は引き続き発生すると思われます。
フィジーは、ワクチン接種率が高く、COVID-19の安全対策を厳守している為、感染の状況は落ち着きをみせ、発生を適切に封じ込めています。他国(ワクチン接種率が非常に高い国)で発表されたCOVID-19の同様な症例と無症候性または軽度となってきています。感染疑いが出た場合は隔離手順に従って、管轄されているホテルで10日間の隔離をされ、厳密な検査を経て問題がなければ自宅に帰る事ができるプロセスを取っています。フィジーは観光客や地元の人々を守るために可能な限り対策をとっています。お客様自身も旅行中は手順に従い、感染抑止に心がけてください。

担当する現地のスタッフはワクチン接種を受けていますか?

はい。 Care Fiji Commitment(CFC)を行った全ての企業は、100%完全にワクチン接種されています。安全である事を証明するものとして、それぞれのウェブサイトまたは敷地内にケアフィジーコミットメント表示(ロゴ)が掲げられています。

フィジーにコンタクトトレーシング(接触歴追跡)はありますか?

はい。全ての訪問者はCare FIJIアプリをダウンロードし、Bluetoothを常にオンにしておく必要があります。これにより、フィジー全土の全ての企業でQRコードをチェックインを読み取る事が可能です。

フィジー旅行の際に旅行保険が必要ですか?

旅行者は、旅行前にCOVID-19をカバーする国際保険付きの医療旅行保険に加入している必要があります。

旅行保険を予約するときに何に注意する必要がありますか?

旅行保険の対象範囲を必ず確認してください。どの国が許可/除外されているか、キャンセルの補償範囲、及びパンデミックを規定として含む医療の補償範囲の有無など契約内容を明確にしておく必要があります。お客様または家族が滞在中にCOVID-19の検査で陽性となった場合、部屋の移動と延長の予約、航空券の再予約、及び関連する医療費等をカバーする為に適切な保険が必要になります。

体調が悪い、または検査で陽性になった場合はどうなりますか?

Care Fiji Commitment(CFC)の施設に滞在している場合は、ホテルのウェルネスアンバサダーに報告してください。適切な計画と手順を通して関連する医療当局に連絡を取ります。
フィジーにいる間にCOVID-19の検査で陽性となった場合、国のガイドラインによって検査が行われ、10日間の隔離をされます。その場合、お客様は旅行保険会社に連絡し、フライトを再予約し、宿泊施設を修正する必要があります。症状が進行した場合は、部屋で、または専用の医療施設で治療を受け経過監視とケアを受けます。テストで陰性になると帰国ができます。

コロナ陽性の疑いがあった場合に利用する管理ホテル検疫施設では
●管理されたホテル検疫施設で10日間お過ごしください。
●宿泊客はそのホテルの敷地内の施設を利用できます。
●滞在の4日目と8日目に迅速なCOVID-19診断テストを受けてください
●テスト結果が陰性の場合、10日後に検疫をクリアします。

フィジーの医療施設はどのようなものですか?

公立/私立の病院と薬局は、全ての主要な町や都市(Suva、Nadi、Lautoka、Sigatoka、Labasa、Savusavuなど)にあり、遠隔地や離島には小さなサテライトヘルスセンターがあります。民間医療施設は主にスバとナンディにあります。これらの病院には通常、24時間体制の医療センター、一般開業医と専門医、入院施設があります。
救急医療サービス(EMS)もいくつかのリゾートで利用可能であり、必要に応じて専任の救急看護師、救急医療員、医師を通じてケアを行います。

 フィジー入国24時間後に迅速抗原検査を受けるにはどうすればよいですか?

フィジーへの全ての旅行者は、到着後24時間の迅速抗原検査を完了するために、CFC認定の宿泊施設に滞在する必要があります。テストは、フィジー到着24時間後に滞在しているホテルで行われます。

フィジー到着後に何をしなければいけないですか?

フィジーは検疫なしですが、Care Fiji認定の宿泊施設に最低3泊滞在することになります。
 ホテルなどの宿泊施設では予防接種証明を提出(または提示)を求められますので常に携帯しておいてください。移動はCare Fiji Commitment承認の送迎をご利用下さい。

24時間の迅速抗原検査を行った後はどうなりますか?

24時間後に迅速抗原検査を行い、検査で陰性になった後はフィジーを自由に移動できます。
引き続きCFCで承認されている観光事業をご利用ください。(フィジー全体で600団体加盟)。 QRコードを読み取り、施設の入退店時にはチェックイン/アウトをして下さい。予防接種証明などは時に求められることもございます。
フィジーを離れて次の目的地または自宅に移動される際、出発前にPCRテストを行い、テストが陰性である必要があります。チェックイン時にホテルに詳細を伝え手順などを確認してください。

観光客の移動制限はありますか?

低ワクチン接種ゾーンやCare Fiji Commitment承認以外の場所の利用は避けてください。

フィジーに門限はありますか?(2021年11月22日現在)

現在、午後12時から午前4時の間は外出禁止です。殆どの場合、リゾート施設は夜間外出禁止令以外の時間帯は営業しています。

 フィジーでマスクを着用する必要がありますか?

はい。マスクは、混雑した公共スペースおよび全ての屋内スペースで常に必要です。外でジョギング、散歩、ピクニックなどはマスクを着用する必要はありませんがご自身や他の人を保護する手段として強くお勧めします。その時の状況によってリゾートのウエルネスアンバサダーから臨時の勧告も出された際はそちらに従ってください。

リゾートの他の誰かがCovid-19の症状があった場合はどうなりますか?私はそこで立ち往生してしまうのでしょうか?

いいえ。ご自身が陽性になった場合にのみ、隔離する必要があります。ただし陽性となった人と何らかの接触をされた覚えがある方は、テストを受けて陰性である事を確認することを強くお勧めします。ホテルで陽性が出た場合は、コンタクトトレーシング(接触歴追跡手順)に従い、特別な予防措置を講じるよう通知される可能性があります。

フィジー滞在中に複数の島を訪れることは可能?

はい。旅行を希望する島が低ワクチン接種ゾーンでない限り、旅行が可能であり、承認されたCFC承認のオペレーターを利用し移動をしてください。フィジーに到着してから24時間後に迅速抗原検査を受ける必要があります。これはCFC承認のホテル施設であればいつでも受ける事は可能です。

フィジーで日帰りオプショナルツアーは可能?

はい。フィジー内で求められる安全手順に従い、日帰り旅行ができます。低ワクチン接種ゾーンは避けてください。安全な旅行をする為にもCFC承認の観光事業者でのツアーにご参加ください。
日帰りツアーの他にも、フィジーの島間を3泊から周遊できるクルーズも運航しています。

宿泊ホテルしか飲食が許可されない?

いいえ。リゾートの外で食事が可能です。 CFC承認のレストランをご利用ください。

フィジーの市場や村には行ける?

可能ですが、その場所がCFC承認され、100%ワクチン接種されている場合に限ります。お客様のみならず、他の方々の感染防止の為にも予防接種の少ない地域は避けてください。訪問でき​​る場所のガイダンスについてはCFC承認のホテルまたは観光業の情報を確認してください。

安全な旅行ゾーンと低予防接種エリアはどこ?

観光客が通常行く殆どの場所は、自由に旅行できワクチン接種を受けています。予防接種率が低い(60%)小さな村がいくつありますが、フィジー全体で予防接種率は増加している為に、これらの予防接種が低い地域は常に変化しています。旅行前に、これらの地域の概要を示す地図等をご参照下さい。

参考>> LOW VACCINATION COMMUNITIES (COVERAGE) (arcgis.com)

安全を確保する為に、観光客にはこれらのエリアを避けましょう。 Care Fiji Commitmentオペレーターに問い合わせをすれば100%ワクチン接種を受けた地域などの安全な場所の情報を得る事が出来ます。

フィジーでタクシーは利用できますか?

はい。ただし、CFC承認タクシーのみを選択してください。これはドライバーが完全にワクチン接種していることを証明しています。チェックイン用のQRコードがあり、ドライバーはマスクを着用しています。空港からホテルへなどを始め、あらゆる場所へ移動される際には、CFC認定の送迎を手配することを強くお勧めします。換気の為に常に窓を下にして乗ることをお勧めします。
Uber / Lyft / Olaはフィジーでは営業していません。

フィジーでcovid-19の安全基準に違反した場合はどうなりますか?

公衆衛生法1935に基づく犯罪の重大度に応じて、最高10,000フィジードルの罰金または最高5年の懲役が科せられる可能性があります。必要に応じてマスクを着用し、2mの物理的距離を確認しながら行動してください。

HIS FIJIの取扱いホテル、ツアーアクティビティは全てCFC承認を受けています

CFCロゴ